読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

す日記

ただの日記です。

毒にも薬にもなり得る

 

音楽がないと生きられない。

英語だとノーミュージックノーライフ。

私もその1人だ。

 

しかし音楽は人を生かすだけでなく時として人を殺すのでは?みたいな話。過去の振り返りの続きもしつつつらつら話します。

 

テレビで流れる流行の曲だとかアニメソングだとか、小さい頃耳にするのなんて大体そんなものだと思う。小学生の頃に車の中で聞いていた椎名林檎の曲に心を奪われた時点でメンヘラの才能があったのかも知れない。でも幼いながら「私の年でこのエキセントリックな人を好きって言うのは親に何か言われそうでまずいな」と思いその気持ちはしまっていた。そして高学年ぐらいになった頃、私はアニソンから劇的な出会いを果たしてしまった。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONに出会ってしまったのである。入り口はアニソンと言えど熱狂的なファンになり、繰り返し「ソルファ」を通して聞いていた。あまり歌詞は気にしなかったが「振動覚」の「特別な才能を何一つ持たずとも」と言う歌詞にだけは心を惹かれていた。

(今になってソルファ再録とか同世代狙い撃ちだよね。)

そこからと言うもの邦ロックサイコー!といった感じで椿屋、ビークルエルレなど今並べたらすごく年齢の出るバンドをおさえていった。今だったらカナブーンとかになるのかな?その頃東京事変が結成された事もあり、ますます椎名林檎の深みにはまった。歌詞を気にしだしたのもちょうどこの頃からで、友達と喧嘩し死にたくなったらネガティヴな歌詞の曲をひたすらかけて泣いていた。ネガティヴな時は今でもやる。

中学二年生。私は厨二病の名に恥じないほどに痛い中学生になっていた。

何故か?

 

ヴィジュアル系バンドにハマった。

 

メンヘラ街道爆進してますね。

入り口は先日休刊が発表された雑誌をたまたま見つけてしまった事、かな?

「ピンクを好きだなんて言うのはぶりっ子!キモい!」と言う風潮が同級生の中にあり、私もそれに同調し「だよねー?やっぱ水色っしょw」などと調子に乗っていたのです。でも私は本当はピンクが好きだった。お姫様になりたかった。その気持ちを思い出させるには十分な衝撃でした。

まあ、当時は第二次V系ブームみたいな風潮あったし触れやすかったのかもね。

色んなバンドを好きになりましたが本命盤(響きが懐かしいですね)もちゃんとありました。休止前のライブ行けばよかった。

ガチガチのバンギャだったのは高2ぐらいまでですが、ここでやっと本題に。私が今生きてるのは好きなバンド(音楽)があったからだと思います。高校でもヘアバンドだったので、幼い頃からみんな分かってくれていた小中とは勝手が違います。加えてオタクでしたからそれはもうハブられの対象ですよ。友達というか部活仲間はいましたが一年生の頃はクラスに同じ部活の子はおらず、ほぼ孤立状態でどうしても辛い時は保健室に居ましたし、教室でぼっちご飯が辛いのでお昼も保健室で食べてました。担任に話しても全く理解されず。しかしそこを乗り越えられたのは「ライブがあるから頑張れる」、これのお陰でした。

それ以降から歌詞も重要視するようになり、その時の気分にあった歌詞がある曲を聴くようになりました。今では逆転してしまってその時聞いた音楽によって精神状態が決定されるというか、その歌詞の思考がトレースされてしまうので幸せな曲の時はとことん幸せだし暗い曲の時はとことん暗くなる。本末転倒なわけです。その時の気分に合わせて聞いていたはずが今では曲を変えるたび生かされたり殺されたりしている。

 

私にとって音楽が毒にも薬にもなっている原因がもう一つあって、音楽を現実逃避の手段にしている事だ。

芸能人になりたい、歌手になりたい思いを曲に投影し、まるで自分が歌っているかのような錯覚を起こした。学生の頃なんか「◯◯歳にして華々しい活躍!」などと常に若い自分が活躍する妄想をしては有りもしない賛美を妄想した。そのおかげでいじめられても曲を聴いている時だけは「私はお前達とは違う、弱冠◯◯歳で才能を発揮している天才なんだ」と全能感に満たされていたし、精神を保つことができた。

しかしそれは24になってしまった今も続いている。曲を聴いている間だけは抜群の歌唱力で、ダンスもできて、楽器もできる全能の歌手なのだ。若い頃に妄想した称賛の声はもう聞こえてこない。「なりたい」が「なりたかった」に変わる歳になってしまった。本当は歌も上手くないし、踊れないし、楽器も何一つできない。私を助けてくれた妄想は今や現実とのギャップで私を殺しにくる毒になってしまった。

 

やたら長くなってしまったけど、まとめると

音楽に浸るのも良いけど浸りすぎも良くないぞ!現実に戻ってこれなくなっちゃうぞ!って所ですかね。

 

おわり。