す日記

ただの日記です。

えたいのしれない人



人間がわからない。

ネットの関係だから尚更わからない。

対面しても人の気持ちを推し量れない私にネットでの付き合いだけの人の気持ちを推し量れというのは到底無理な話である。


ここに居ていいんだよと言われたのに、言ってくれたその人の言葉が怖い。

その1つ1つが、私に向いているのではないか。向いていないとしても、その対象と一緒にいることの多い私は同族だとみなされてしまうのか。

ここまで真意の読めない人は初めてで、すごく恐ろしい。

世の中には怖い大人がまだまだ沢山いる。

書き殴り

 

心を落ち着かせるために、女性向けシチュエーションCDを聞きながら思いつくままに書き殴ります。私しか理解できないと思うので読んでもあまり意味はありません。

 

コミュニティの中で生きるのは、難しい。

何より私がコミュニティで一番最初に淘汰される側の人間だから。

自己中心的、デリカシーのなさ、パーソナルスペースにずかずかと入る。

自分がされて嫌なのに。嫌われたくないあまり喋りすぎる。いらないことをする。要するに空回りだ。

気づいた時には決まってみんな私と話してくれなくなる。そこに居直る度胸がないから自分から身を引く。向こうは私を追い出したわけじゃない、私が勝手に抜けたのだから微塵も心は揺れないのだ。

結局私が悪いのだけれど、被害者意識は捨てられない。

専門学生の時に人生が壊れて(思えば抜毛症になった時点で壊れていたのかもしれないけれど)、なぜあいつらは幸せそうに生きているんだと今でも思ってしまう。ひょっこり学校に現れて最上階から飛び降りて個人のみならず学校まで巻き込んでやろうかと考えたこともある。死ぬ度胸なんてないからしなかったけど。

 

話がそれたけど、それ以降そんな日常的にかかわるお友達コミュニティには無縁の生活

を送っていたから「友人を失う」ということがなおさら怖くなっていたのかもしれない。

度々話すゲームコミュニティはそろいもそろって曲者ぞろいだった。

暴走して淘汰された人たちを何人も見てきたし、この人とは関わりたくないなと思う人だって何人もいた。淘汰され続けて残った人たちの中では実に平和に楽しいゲーム生活を送っていた。私はその中でなるべく問題を起こさないよう気を付けながら今日まで過ごしてきた。私は比較的年下の部類に入る。そして主要な人物に言葉で叶う気がしなかったのもあっておとなしくおとなしく生きることを心掛けた。

つまり私、今まではイキってたんだと思う。友達ができて、うれしくて。そりゃ離れるよ。私もイキリオタクきらいだもん。

あとコミュニティを抜けたとしてみんなと遊べなくなってしまうことも嫌だった。トラブルの当事者でない人たちとも離れてしまうのは心苦しかった。

 

だから数年ぶりの「友達を失う」感覚にすごくショックを受けてしまった。

相手との話の中で「私は自己犠牲が強い」という指摘があったのだけど根底にあるのは結局「かわいそうな私がかわいい」なんてしょうもないものだと思ってる。だから少し考えればトラブルになるとわかることにも首を突っ込んでいくし、かわいそうになればなるほど気持ちいいのだ。

これはなんなんだろう。この気持ちに名前を付けてくれ。通院日はまだ先なんだ。

 

もうどうしようもなくなってしまった私はいつも通り、自分から距離を置こうとして。その旨を伝えて。私がいることで楽しい場所が楽しくなくなってしまうのは悲しいから。

結果を言えば引き留められて残ることになったけれどここにいてもいいのかという気持ちもあって。

皆がかけてくれた言葉は優しいものだったけれど、被害妄想が止まらない。

私を見世物として置いているんじゃないのか、本当に信じていいのか。

折角優しい言葉をかけてくれたのに、それすらも疑ってしまう自分にさらに自己嫌悪する。

自尊心が低い。己の価値を見出せない。

その言葉をかけられるに足る人間なのか?

ここからまた暴走しては繰り返すだけなのはわかっている。

 

頭のよさそうな文にしようとしてから回っているのがまるわかりだ。みっともない。

本当の私は頭良くなんてないんだよ。

 

だいぶ吐き出した気がする。

泣きすぎて頭が痛い。寝よう。

明日は笑顔で話せますように。

 

 

 

愚痴

 

続いてあまり人様に見せるようなものでない話題ですみません。例によってクズです。

 

すみそです。

 

うじうじしていた頃、それにつけこんで(?)か私にやたら接触してきた男性としばらく疎遠になっていたというか私がごめん無理と言ってブロックしたんですが、彼がまた接触してきまして。

感情の昂ぶりも冷めた頃になんとなくブロック欄を覗いてぶっちゃけもうどうとも思ってないしブロック解除してもいいかな〜くらいの軽い気持ちでブロックを解除。しばらく経ってから突然のフォロー。こっちから返す事はないけどまあ好きにすればという感じで放置していたら怒涛のリプライ。

「もやもやしていたからどうしてももう一度話をしたかった、謝りたかった」

 

うじうじ期の私と同じ事してんじゃねーか。こっちはもやもやも何もしてないから放っておいて欲しいんですけど???と思いつつ付き合いましたが、なんかもう、返しが思いつかない。此方からしたらはいはいそうですか、としか返せないような贖罪と言う名の自分語り的なやつ。でもまあそれが彼の誠意なんだろうなあと思いつつ「自分はどうとも思ってないので謝って君の気が晴れるならいくらでも謝ってくれ」と伝えフォローを返してDMでやり取りすることに。多分もっと優しい言葉が欲しかったんだろうけどそんな情けはない。

友達からやり直したいと言われましても、友達にしかなれませんし????と微妙にキレつつ話を聞いていると会う事も諦めていないとか何とか、非常に前向きな展望を話し始めてしまったので「ああ私はこいつのこう言うところが嫌いだったんだなあ」と思い出し再び強い嫌悪感を抱く結果に。

 

過干渉というか、過剰な接触が嫌いなんですよ。LINEの連投とか、逐一おはようとか仕事休憩だとか終わったとか報告されたりするの。

彼はそういうタイプでして、スルーする事で何とか察してくれないかなあと思ったのですが起きた時におはようとDM来ているのを見て絶句。お前昨日あれだけなおすなおす言ってたやん!!!!

あと何だ、過剰なふぁぼと空リプ。構って欲しいんでしょうねえ、でもうざいだけなんですよ。一々反応されてもという感じだし、反応を貰いたいがための行動というのが透けて見えるとなんかもう、駄目。

極め付けはリアルタイム鬱ツイート。自分には何もない、死にたい、殺してくれ、鬱だ、嫌われたくてしたわけじゃないのになどなど。

 

声を大にして言いたい、

鬱はこっちのほう!!!!!!!!だ!!!!!!!

こちとら抗うつ剤飲んどるんじゃ!!!!!!!!

エセメンヘラも生暖かい目で見る度量を身につけたと思っていたのですがいざ自分に降りかかると駄目ですね。まあエセメンヘラという言葉もあまり好きではないので彼らが悩んでメンタルがヘラってると思えばメンヘラなのでしょう。メンヘラを自称するならメンヘラの名に恥じない行動をしろ。(?)

 

その後は嫌われたくてしたわけじゃないっていうのは免罪符にはならないということだけお伝えして再度ブロックしました。もう解除する事はないでしょう。なんだかおじさんの「ありゃ〜嫌われちゃったかな〜(^_^;)」に通じる打算というか、「そんな事ないよ〜♡」を期待した言葉に見えるので好きじゃないです。

 

今見たらブロック仕返されてたのが解除されていました。ネガティヴな言葉を固定にしていたのでやっぱり成長してねえなあと思いつつ遡ってみると別の女の子にもふぁぼや空リプがうるさ過ぎてブロックされていたようなのでもう手遅れですね。彼は年下ですが無事おじさん(^_^;)の第一歩を歩み始めています。応援しましょう。

 

終わりです。

クソ日記にお付き合い頂きありがとうございます。何か美しいものに触れて浄化してくださいね。

お休みなさい。

 

広告を非表示にする

はきだめ

 

 

こんばんは。すみそです。

 

割とクズい話をぐだぐだっとします。

 

「メンヘラアカウント」という立場上、病み垢と繋がりたい的なハッシュタグを良く見かけます。それなりに歳をとった今では生暖かい目で眺めることが出来ますがこれが10年前だったら恐らくタグ乱用してたでしょうね。メンタル同士の互助会(メンヘラ.jpのライターさんや私のような読者投稿で掲載された人達によるコミュニティを私はそう捉えています)的な感覚で使えている今がすごく平和です。

 

タグを活用しているのは案の定10代が殆どでした。頭の悪い言葉で申し訳ないのですが、多感な時期に「闇」の共有は諸刃の剣だと思うのです。共感されたい気持ちも大いにわかります。ですが蔓延するリスカ画像、OD報告とともに挙げられる空になった大量のシートの画像。もし中学生の私が見たらどうなっていただろう、そう考えてしまいます。

そもそも、私と彼らではアカウントの在り方が違うのでしょう。彼らは単に共感を得たいだけ、1人じゃない実感が欲しいだけ。そう思えてしまいます。メンヘラの繋がりたいタグに何で自撮りがいるんだよ関係ねえだろなどと思いつつ老害への第一歩を踏み出しました。

 

ぶっちゃけた話。

メンヘラがメンヘラに何言うんだって感じですけどメンヘラって依存心高いし可愛いんですよ。男女問わず。かるーく話すというかおばさんがちょいちょい世話を焼くのに丁度いいんですけどまあ何がきっかけでやれリスカだODだお前を殺して俺も死ぬだ言われるかわかりませんからね。かつては出会い厨のおっさんを釣り上げて笑っていた私もさすがに遠巻きに眺めるぐらいに留めておきます。

 

言いたいこと言っただけですね。

恐らく眼精疲労で目が痛くなってきたのでそろそろ寝ます。お休みなさい。

出しゃばりの話

 

 

気が向いたので。

 

お久しぶりです。すみそです。

風邪と喉の渇きにも負けずに生きています。

 

今物凄くお世話になっているゲームのコミュニティがあるのですがそれに絡んだ話というかメモを一つ。

私は昔から一つのコミュニティに長く居る事が出来ません。

主治医にも話したのですが自分に意識を向けて欲しいという思いから過度に出しゃばってしまい、挙げ句の果てには虚言まで撒き散らし、はっと行動の愚かさに気づいて反省する頃には距離を置かれている。または私の居ないところで陰口を叩かれて居るかもしれないと疑心暗鬼になり自らコミュニティから離れる。そのどちらかです。

はたから見ればオタサーの姫そのものだと言われても仕方ないと思います。あくまではたから見れば。性別も隠していません。

 

性を押し出して異性としてちやほやされたいわけではなく、自分がそのコミュニティの一員であるという実感が欲しい。輪に入れているという実感が欲しい。こいつはできるやつだ、面白いやつだなど、何かしらの良い評価が欲しい。

 

承認欲求ってやつですね。

 

承認欲求モンスターが陥ってしまいがちな闇は知ったかぶりと虚言ではないでしょうか。

10代の頃は私もよく知ったかぶりしましたし、バレバレだろって虚言を堂々と言いふらしました。痛い目見たのと現実が見えて来たのでやめましたが。若い頃は未来に明るさしかないので何でも言えて良いですね…と振り返って思います。

虚言は治っても出しゃばりは治りません。

出しゃばり?うーん、構ってちゃんと言ったほうが正しいのかな。

レスポンスが欲しくてつい余計な事までベラベラ話してしまい逆に顰蹙を買ったりなどなど。

やらかすたびに反省するんですけど繰り返してしまうんですよ。

なぜなのか。

これ以上はやばい、と言うブレーキは一応あります。ありますけどそれ以上に承認欲求が上回ってしまうんです。

もう賭けですよね。

それで良い反応が貰えればやったあだし、悪ければまた自己嫌悪。

 

何とかしたいですね。

 

何でいきなりこんな話をしだしたかというと、コミュニティ内でその時にいなかった人への愚痴をみんなで話しているのを聞いてしまって疑心暗鬼になっています。

少し当たりが強いかな?と思う時もありますけど普段至って普通にその人と話をしているので私と話してくれているけど裏では…と変な勘ぐりをしてどうにも不安です。

 

まあ、どうとでもなるでしょう。

薬を飲み始めたからかわかりませんが先の見えないことに対して不安ながらも最終的にはどうにでもなると考えられるようになったの、個人的に進歩だと思います。褒めて。

 

おやすみなさい。

 

 

メモ

 

眠気が半端無い。

 

レクサプロを飲み始めた頃と生理が重なってしまった為何かあっても副作用なのかホルモン的な関係なのかいまいち掴めない。

 

取り敢えず、眠い。

普段から無限に眠っていたいタイプだけども一度起きてしまえばぱっちりになるはずなんだけどなあ。目が開けていられないほど眠いわけではなく漫然とした眠気。

まばたきが多くなる。

当然仕事中も眠い。そしてぼんやりしてる。忙しくても変に焦ったりしてパニックにならないだけマシなんだけどマイペースになりすぎな気がする。

生理で腰痛いし立ち上がった時が怖いから思うように動けないしこっそり欠伸しまくってるしやる気のない人に見られただろうなあ。

 

処方された時、副作用お腹にくるよってかなり念を押されたんだけど胃もたれはない。

ない…のか?

あまり胃もたれってもんを理解してないだけなのか?まあいいや。

食べる量が減った。

元々食べることが好きで生理前の暴食もあって、そこからの減り具合が凄い。かなり食べなくなったような気がする。

お腹があまり空かなくなった。

これも副作用なのかホルモン的なものなのか不明。

薬を飲んで気分が良くなって食欲増進して結果太ったなんてよくあるし副作用一覧見てこれ以上太ったらやばいなーと思ってたらまさかの逆。

 

あとお腹の調子が悪い?

悪いって言うほどでもないんだけどちょっとぐるぐるしてる。

でもこれ薬飲む前からあったから多分生理で緩くなってるだけ。

 

 

 

 

広告を非表示にする

初診

 

初診でした。

ビクビクはしてましたが何とかなりました。

自分用メモなのであまり読み物としての体を成せていません。

 

 

いつも次の日朝早い時は寝られなくて徹夜コース、寝ても2時間程度になるんだけど割とすこんと寝た気がする。だるくはなかった。

ただ寝不足の時に起こる吐き気があった。

でもこれ寝不足なんじゃなくて、空腹時に化粧品の香りをもろに受けると起こるような気がする。寝起きは化粧品の香りが辛い。

 

車社会の田舎なのですが事故に遭ったトラウマと運転する事への不安があるので免許はないです。誰でも取れるとは言いますが取れない人だっているんですよ。祖父と上司、どちらも頭脳明晰にも関わらず免許が取れなかったそうなので向き不向きってやっぱりあるんだなあと思います。人の目が怖いから教官に教えられても緊張してパニックおこして大目玉食らって教習所不登校パターンですよ。

ifの話は置いといて。

 

母に送ってもらい病院に入ると如何にも仕事ができそうな看護師さんから説明を受け、問診票を記入し診察の前にカウンセリングを受けました。

緊張すると震えが出る。前より顕著だった。

 

待合室せめて音楽流して欲しかったかな…静かで気まずかった…

 

先生は私が理解してなさそうな単語を逐一説明してくれる理知的な人だった。話し方がとても穏やかで威圧感は全くなかった。

 

正直レポートできるほど内容覚えてないです。

質問をされてそれに返答する。

抜毛症のことも話す。

印象的だったのは例えば「人の目が怖い」と話し始めたとすると「こういう時怖いんじゃない?不安なんじゃない?」とずばり当てられてしまったこと。

これは多分人の目が怖いって話す人には大体当てはまるような例なんだろうけど「えっ何この人…?エスパー…?」と若干混乱した。

もうなんか、そうですそうです!って食い気味に言った気がする。

 

自己否定だとか被害妄想の話になった時「今の仕事を始めた時、仕事上でのここはこうしたほうがいいよってアドバイスもお前は仕事ができないとか存在を全否定されているように思えてしまって…」と一通り話したら「でも今はそんな事(=大きなミスをする等)ないですよね?」と返されて、多分この文面だけ見たらあまり良い返しじゃないと受け取られるだろうけど、

なんだ、まとまらない。

とにかくこのやり取りが嬉しかった。私は普通に仕事ができていると肯定してくれたような気がした。

 

長年苦しんできてらっしゃるみたいだからね、と抜毛症治療に話がシフトした。

習慣になってしまってるんだね、と言われた。ごもっとも。

抜毛症の人はね、強迫性が強い人が多いんだよ。と「強迫」とはどういうことかを教えてくれた。

辞めなければいけないとわかっているのに辞められない。その通りです。

wiki見たら強迫スペクトラム障害に抜毛症が含まれるって普通に書いてあった。勉強不足。

 

抜毛症の治療について調べたことある?と聞かれ薬がどうのとか話した気がする。SSRIについて説明してくれた。すぐには効果でないし副作用とかも様子見つつ〜とレクサプロ出されて終了。

 

昨日不安書き殴るほどの事じゃなかったな!

ね、けろっとしてるって言ったでしょ?

 

そしてそのレクサプロ、様々副作用あるとはいえ「ふらつき?いつもふらついてるしな…」みたいな感じであんまり副作用出てる感じはないです。胃もたれするだとか、お腹にくるよという事を何故かかなり念押しされたのですが何ともなし。多分このまま継続な気がする。

 

おわり。

 

 

 

広告を非表示にする